競技トピックス

競技トピックス

第7回九州スーパーシニアカップ

 

 

晴れの優勝者

男子 2オーバー 74

80歳の本田 久直(志摩シーサイド)がルーキーイヤーで初優勝

女子 5オーバー 77

74歳の福井 和子(ブリヂストン)が2年連続2度目の優勝

 

「第7回九州スーパーシニアカップ」は11月2日、福岡県小郡市の小郡カンツリー倶楽部(男子5680ヤード、女子4740ヤード、いずれもパー72)で行われ、男子は80歳の本田久直(志摩シーサイド)が4バーディー、6ボギーの2オーバー74で初出場初優勝。女子は74歳の福井和子(ブリヂストン)がノーバーディー、5ボギーの77で昨年に続き2年連続2度目の笑顔に包まれた。

【写真は㊧が福井、㊨が本田】

 

 

【男子】

80歳(今年12月31日現在)以上で争われた男子は95人(欠場3人)が出場。優勝した本田はインスタート。前半は15、16番のロングで連続バーディーを決めるなど2バーディー、2ボギーのパープレー。後半のアウトでは上がりの8、9番で連続ボギーして74でホールアウトした。首位から2打差、76の2位・村上輝久(久山、81歳)には悔やまれる最終ホールとなった。17番まで4バーディー、5ボギーだったが、最終18番で第1打をOBしてトリプルボギー。このホールの「7」が痛かった。3位には78の梶原啓三(福岡レイクサイド)、4位には同じく78の野口昌邦(若木)、5位には79の石橋国彦(福岡国際)が入った。昨年優勝の藤本隆(天山)は10オーバー、82で20位だった。

 

 

【女子】

70歳(今年12月31日現在)以上の女子は25人(欠場1人)が出場。2年連続女王の福井は前半のアウトをバーディーなしの1ボギーの37、後半のインでは10番から3連続ボギーを叩くなどしてトータルで5オーバー77。昨年優勝のスコアは73で2位に7打差の圧勝だったが、今回は1バーディー、6ボギー77の早川朋子(太宰府、70歳)と同スコアで並んだ。同スコアの場合は「年長者を優勝者」とする大会規定により福井の連覇が決まった。78の3位には田原末子(北九州)、80の4位には岩切マリ子(宮崎ゴルフ)、81の5位には土器禎子(佐賀)。

 

 

エージシュートは男子29人、女子1人

エージシュートは男子が優勝した本田、2位の村上など29人が達成。昨年の20人を大きく上回った。女子は81歳の土器が81のスコアで1人だけ記録した。

 

 

今回は九州ゴルフ連盟の新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドラインに沿って行われた。

 

 

 

 

 

 

 

競技報告の詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第19回ハンディキャップゴルフ競技九州大会~兼JGA杯Jーsysゴルフ選手権予選

 

晴れの優勝者

 

女子 ネット66(ハンディ14、グロス80)

田上 文子(55歳、阿蘇大津)

 

男子 ネット66(ハンディ10、グロス76)

浦﨑 克己(58歳、不知火)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               【写真はいずれもゴルフタイムス提供】

 

 

「第19回ハンディキャップ(HDCP)競技九州大会」(兼JGA杯Jーsysゴルフ選手権予選)は10月28日、熊本県菊池郡大津町の阿蘇大津ゴルフクラブ(女子5666ヤード、男子6340ヤード、いずれもパー72)で行われ、女子は田上文子(阿蘇大津)がネット66(H14、G80)、男子は浦﨑克己(不知火)がネット66(H10、G76)でそれぞれ優勝した。今回は女子31人(欠場1人)、男子86人(欠場4人)が出場した。

 

 

【女子】

優勝した田上はインからスタートし、出だしの10番ミドルでいきなりダブルボギーをたたき苦しい展開となった。だが、12番ミドルでバーディーを奪って一息つき、13番以降3ボギーにまとめて前半を40で終えた。後半のアウトもノーバーディーながら4ボギーに抑えて40でホールアウトし、H14を生かして6アンダーのN66。2位となった園田道代(武雄嬉野)は1バーディー、7ボギーの78。アウト、インとも30台となる39をマークし、ベスグロの成績ながらH9で首位に3打差のN69だった。N70の3位には森川麗子(くまもと中央、H23、G93)が入った。

 

 

【男子】

頂点に立った浦﨑は前半のインを2バーディー、5ボギーの39で折り返し、後半のアウトを2バーディー、3ボギーの37の76でラウンド。ボギーが8個とパーの数より多かったが、ダブルボギー以上のミスはなく、N66(H10)でホールアウトした。首位から1打差、5アンダーN67で2位となった松永章(グランドチャンピオン)は76とグロスでは浦﨑と同スコアだが、H9で1打及ばなかった。松永にとって最終18番ロングでのダブルボギーが痛かった。同じくN67の2位タイに鶴田新吾(野母崎、H18、G85)が並んだ。

 

 

 

男女それぞれ8人が全国大会に出場

今大会は九州ゴルフ連盟の新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドラインに沿って行われた。なお、男女とも11月25日、小野GC(兵庫)で開催される全国大会のJGA杯J-sys選手権(JGAアンダーハンディキャップ競技)には男女ともそれぞれ8人が九州代表として出場する。なお、女子はネット1オーバー73、6位タイに5人、男子は同1アンダー71、8位タイに3人が並んだが、大会規定のマッチングスコアカード方式で女子は馬場真菜美(八女上陽)、川﨑由美子(くまもと城南)、利光ちはる(大分中央)、男子は安達順一(白木)が代表権を得た。

 

 

 

 

 

 

 

競技報告の詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第11回九州ミッドアマチュア選手権競技

 

 

 

晴れの優勝者

1アンダー 143
50歳の荒川 英二(福岡雷山)がプレーオフの末、5年ぶり4度目の優勝

 

 

25歳(今年12月末現在)以上で競う「第11回九州ミッドアマチュア選手権競技」は10月20、21日、大分県臼杵市の臼杵カントリークラブ(6731ヤード、パー72)に132人(欠場5人)が出場して開かれ、荒川英二(福岡雷山)がプレーオフの末、2016年の日本シニア優勝の榎隆則(大分中央、62歳)を破り、5年ぶり4度目の優勝を飾った。両選手は通算1アンダー143で並び、プレーオフに突入。18番(ミドル)→17番(ミドル)の繰り返しで行われ、5ホール目に荒川がバーディーを奪って決着をつけた。通算パープレー144の3位には2018年の九州ミッドアマ覇者の儀保和(美らオーチャード)が続き、145の4位には井上格太朗(久山)が入った。昨年の優勝者・空真一郎(門司)は通算3オーバー147で5位タイだった。

 

 

 

 

地元大分の伊妻が3アンダー69で初日をリード

初日は地元大分の伊妻恭平(久住高原)が5バーディー、2ボギーの唯一60台の69でトップに立った。1打差の2位にはミッドアマ初出場の井上が3バーディー、1ボギーの70をマーク。さらに1打差、71の3位に加藤重成(大分中央)と儀保が並んだ。

通算7オーバー79、55位タイまでの68人が決勝ラウンドに進んだ。(決勝ラウンドでは1人欠場)

 

 

13選手が九州代表として全国大会へ

今回は九州ゴルフ連盟(GUK)の新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドラインに沿って行われた。シード1人と上位12人の計13選手が11月17日から3日間、スプリングフィールドGC(岐阜)で開催される日本ミッドアマチュア選手権に九州代表として出場する。なお、通算4オーバー148の9位タイに6人が並んだが、大会規定のマッチングスコアカード方式により須田征司(福岡レイクサイド)、椎野信之(小倉)、工藤亜沙希(佐賀)、石塚祥成(福岡雷山)が代表権を得た。

 

 

 

 

 

 

競技報告の詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第43回九州グランドシニア選手権競技

 

 

 

晴れの優勝者

4アンダー、140
74歳の小川 敏(ザ・クラシック)が初優勝

 

70歳(今年12月末現在)以上で競う「第43回九州グランドシニア選手権競技」は10月13、14日、鹿児島県姶良市の鹿児島高牧カントリークラブ(6164ヤード、パー72)に132人(欠場10人)が出場して行われ、74歳の小川敏(ザ・クラシック)が通算4アンダー、140で初の頂点に立った。小川は初日67の好スコアで回り、最終日も73と手堅くまとめ、2位に4打差をつけての圧勝劇だった。2位には通算イーブンパー、144で75歳の中島好巳(チェリー鹿児島シーサイド)が入り、145の3位に71歳の松尾昇一(チェリー宇土)、148の4位に70歳の丹村和成(鷹羽ロイヤル)、149の5位タイに70歳の青木英樹(佐賀ロイヤル)、70歳の佐藤憲一(大分)、74歳の上木政章(志摩シーサイド)の3人が続いた。昨年の優勝者・佐藤良晴(西戸崎シーサイド)は通算7オーバー、151で10位タイだった。

 

 

初日に小川が67をマーク。エージシュートは初日11人、最終日3人

小川がいきなり飛び出した。アウトを2バーディー、1ボギーの35で折り返すと、インに入って11、12、16、18番と4個のバーディーを奪っての32。5アンダー、67と好ダッシュを見せた。2位の中島も4バーディー、1ボギーの69という見事なプレーを演じた。3位タイに71の嘉陽宗賢(オリオン嵐山)と松尾の2人が並んだ。初日が終わり、通算8オーバー、80、53位タイまでの63選手が決勝ラウンドに進んだ。

エージシュートを初日は11人、最終日は3人。優勝した小川と2位の中島は2日連続での達成となった。

 

 

 

16選手が九州代表として全国大会へ

今回は九州ゴルフ連盟(GUK)の新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドラインに沿って行われた。シード3人を含む16選手が11月11、12日、垂水GC(兵庫)で開催される日本グランドシニア選手権に九州代表として出場する。

 

 

 

 

 

 

競技報告の詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第51回九州シニア選手権競技

 

 

 

晴れの優勝者

3アンダー、141

56歳の福留 洋一(高千穂)が初優勝

 

55歳(今年12月末現在)以上で競う「第51回九州シニア選手権競技」は9月29、30の両日、鹿児島県日置市の南九州カントリークラブ(6559ヤード、パー72)に132人(欠場14人)が出場して行われ、宮崎県出身・56歳の福留洋一(高千穂)が通算3アンダー、141で初優勝を飾った。福留は最終日、3バーディー、ノーボギーのベストスコア69をマークして前日の2位タイからの逆転勝ち。首位から3打差、通算144の2位には昨年の優勝者・小杉康之(熊本空港)。さらに、2打差、146の3位タイには八丁禎二(九州八幡)と西村敏彰(日南北郷)が続き、147の5位には山内浩二(フェニックス)が入った。また、今林伸一(久山)が3番ショート(150ヤード)でホールインワンを達成した。

 

 

初日は野上英司が1アンダー、71でリード

初日は野上英司(ミッションバレー)が6バーディー、5ボギーと出入りの激しいゴルフながら、1アンダー、71で初日をリードした。1打差、パープレー72の2位タイに工藤英由紀(佐賀)と優勝した福留がつけ、73の4位タイに豊村昭司(佐世保)、小杉、西村、山内の4人が並んだ。初日が終わり、7オーバー、79の54位タイの61人が決勝ラウンドに進んだ。

 

 

 

14選手が九州代表として全国大会へ

今回は九州ゴルフ連盟(GUK)の新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドラインに沿って行われた。上位14選手が10月27日から3日間、土佐CC桂浜・室戸コース(高知)で開催される日本シニア選手権に九州代表として出場する。

 

 

 

 

 

 

競技報告の詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第9回九州女子シニア選手権競技

 

晴れの優勝者

5オーバー、77

高橋 圭子(若宮)が初出場初優勝

 

50歳(今年12月末現在)以上で競う「第9回九州女子シニア選手権競技」は9月2日、福岡県糸島市の伊都ゴルフ倶楽部(5970ヤード、パー72)で102人(欠場12人)が出場して行われ、49歳の高橋圭子(若宮、1971年9月17日生)がバーディー0ながら、1ダブルボギー、3ボギーの77でまとめ初優勝を飾った。インスタートの高橋は前半をオールパーの36で折り返し、後半は41と乱れながらも踏ん張った。1打差、78の2位には吉田成美(若松)がつけ、さらに1打差の79の3位に岩下千穂子(セブンミリオン)が粘った。81の4位タイに田口亜希子(玄海)、渡辺笛子(大博多)、橋本和子(長崎国際)の3人。

 

 

 

豪雨のため1時間遅れてスタート

この日は豪雨によるコースコンディション不良のためスタート時間が当初の午前7時半から1時間遅れて始まったが、天候が回復し、無事に全選手がホールアウトした。昨年までは九州女子ミッドアマチュア選手権と同日開催だったが、参加者増加のため今回から単独開催となった。

 

 

13選手が九州代表として全国大会へ

今回は九州ゴルフ連盟(GUK)の新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドラインに沿って行われた。上位13選手が10月28、29日の2日間、程ヶ谷CC(神奈川)で開催される日本女子シニア選手権に九州代表として出場する。なお、12オーバー、84で7選手が並んだが、大会規定のマッチングスコア方式で谷川美帆(佐世保)と内田幸子(大分東急)の2人が代表権を得た。3位の岩下は2日前の8月31日の九州女子ミッドアマチュア選手権でも6位タイに食い込み全国切符をゲット、ダブル出場となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

競技報告の詳細はこちら

 

 

 

第9回九州女子ミッドアマチュア選手権競技

 

晴れの優勝者

3オーバー、75

研修生の本田真暉(くまもと城南)が初優勝

 

 

 

25歳以上で競う「第9回九州女子ミッドアマチュア選手権競技」は8月31日、福岡県糸島市の伊都ゴルフ倶楽部(6305ヤード、パー72)に84人(欠場5人)が出場して行われ、25歳の研修生・本田真暉(くまもと城南)が2バーディー、5ボギーの75で初の栄冠を手にした。インからスタートした本田はボギーが先行する苦しいゴルフながら後半アウトの3、7番のロングでバーディーを奪って抜け出した。首位から2打差、77の2位には2年前の優勝者・黒石沙也佳(若宮)が続き、78の3位には昨年の覇者・今田夢美(筑紫ヶ丘)。79の4位タイには川井美奈(チサン森山)と利光ちはる(大分中央)の2人が入った。

今大会は昨年まで九州女子シニア選手権競技と同日に開かれていたが、参加選手の増加のため今年から単独開催となった。

 

 

上位10人が福岡CCでの全国大会へ出場

今回は九州ゴルフ連盟(GUK)の新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドラインに沿って行われた。なお、上位10選手は11月11、12日の2日間、福岡市の福岡CCで開かれる日本女子ミッドアマチュア選手権に九州代表として出場する。

 

 

 

 

 

競技報告の詳細はこちら

 

第40回九州ジュニア選手権競技

 

 

晴れの優勝者

【15~17歳の部】

男子 8アンダー、136 長野 泰雅(福岡・沖学園高3年)

女子 9アンダー、135 櫻井 心那(長崎日大高3年)

【12~14歳の部】

男子 3アンダー、141 丸尾 怜央(宮崎・赤江中3年)

女子 3アンダー、141 藤本 愛菜(福岡・沖学園中3年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        【左から長野、櫻井、丸尾、藤本の各優勝者】

 

九州女子アマ優勝の櫻井が九州ジュニアも制覇。同年の2冠達成は10年ぶり

昨年、新型コロナの影響で中止となり、2年ぶりの開催となった「第40回九州ジュニア選手権」は7月29、30日の2日間、熊本県阿蘇市のあつまる阿蘇赤水ゴルフ倶楽部(男子7026ヤード、女子=6473ヤード、いずれもパー72)で行われた。15~17歳の部男子は通算8アンダー、136の長野泰雅(福岡・沖学園高3年)が、同女子は今年の九州女子アマを制した櫻井心那(長崎日大高3年)が通算9アンダー、135でそれぞれ初優勝を飾った。九州女子アマと九州ジュニアを同年に勝ったのは、2011年の城間絵梨(沖学園高3年)以来10年ぶり。

12~14歳の部男子は、丸尾怜央(宮崎・赤江中3年)が通算3アンダー、141で、同女子の部は藤本愛菜(福岡・沖学園中3年)が通算3アンダー、141で栄冠を手にした。出場したのは15~17歳の部男子が42人、同女子41人、12~14歳の部男子が32人、同女子32人。

 

 

初日は66の好スコアで山下が単独トップ

<15~17歳の部男子>

初日は山下竜弥(沖学園高2年)が35・31の66で回り、単独トップに立った。1打差の2位に長野がつけ、さらに2打差の3位に今年の日本アマ4位タイと健闘した古川創大(宮崎・日章学園高2年)と石井大聖(大分高3年)が続いた。最終日は長野が5バーディー、2ボギーの69と2日連続の60台をマークして逆転勝利を収めた。通算5アンダー、139で古川が2位に粘り、4アンダー、140の3位タイに堺永遠(ルネサンス大阪高3年)、石井、初日首位の山下の3人が入った。

 

 初日64で首位の荒木は最終日に逆転を許す

<15~17歳の部女子>

初日は8バーディー、ノーボギーの64とビッグスコアを出した荒木優奈(日章学園高1年)が飛び出した。2打差の2位に櫻井、さらに2打差の3位タイに外園華蓮(日章学園高2年)と長尾小百合(ルネサンス大阪高2年)の2人。初日は10人がアンダーパーをマークした。最終日は櫻井が2イーグルを記録するなど唯一の60台となる69を出して逆転勝ち。3打差、通算6アンダーの荒木が2位、松永七海(長崎日大高3年)と外園が通算5アンダーで3位タイに並んだ。

 

初日首位の丸尾が逃げ切る。ただ一人アンダーで回る

<12~14歳の部男子>

初日は丸尾が34・35のただ一人60台となる69で頭一つ抜け出した。1打差の2位に岡村昂汰(日章学園中1年)、さらに1打差の3位タイに山本大勢(福岡・思永中2年)ら4人がつけた。最終日はスコアが伸びずにパープレーで回った丸尾が唯一のアンダーとなる通算3アンダー、141で逃げ切った。1オーバー、145の大地陸遥(沖学園中2年)が2位、146の岡村が3位に残った。

 

こちらも初日首位の藤本が通算3アンダーで逃げ切る

<12~14歳の部女子>

藤本が35・34の69で初日をリード。1打差の2位に宮城柚(沖縄カトリック中2年)、3位にはパープレー72で今年の日本女子アマ6位タイの左奈々(沖学園中3年)ら3人が追う展開となった。最終日は藤本が4バーディー、4ボギーの72、通算3アンダー、141で唯一アンダーパーでフィニッシュ。144の畠田瑠(福岡・吉塚中2年)と宮城が2位タイとなった。

 

日本ジュニアは男子が日高CC東・西コース、女子が東京GC

今回は九州ゴルフ連盟(GUK)の新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドラインに沿って行われた。8月18日から20日まで開かれる日本ジュニア選手権には15~17歳の部男子上位11人、同女子11人、12~14歳の部男子7人、同女子10人が九州代表として出場する。開催コースは男子が日高CC東・西コース、女子は東京GC(いずれも埼玉)。なお、12~14歳の男子は151の7位タイに2人が並んだが、大会規定のマッチングスコアカード方式で吉永匡一郎(福岡・洞北中2年)、同女子も151の9位タイに3人が並んだが、同方式で冨田有紀(福岡・太宰府東中3年)と横尾みのり(沖学園中3年)が代表権を獲得した。

 

 

 

 

競技報告の詳細はこちら

 

第14回九州小学生ゴルフ大会

 

晴れの優勝者

男子 8アンダー、64 平田 兼慎(宮崎・尚学館小6年)

女子 2アンダー、70 藤野 蒼來(鹿児島・小山田小6年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【写真は㊧が女子優勝の藤野、㊨が男子優勝の平田。いずれもゴルフタイムス提供】

 

 

 

男子は大会記録の64、女子は大会タイ記録の70

新型コロナの影響で昨年中止となり、2年ぶり開催の「第14回小学生ゴルフ大会」は7月27日、熊本県阿蘇市のあつまる阿蘇赤水ゴルフ倶楽部(5948ヤード、パー72)で行われた。男子の部は平田兼慎(宮崎・尚学館小6年)が大会記録となる8アンダー、64をマーク、女子の部は藤野蒼來(鹿児島・小山田小6年)が大会タイ記録の2アンダー、70でそれぞれ初優勝した。今回は男女とも28人が参加した。

 

 

男子の平田はアウトを4バーディー、1ボギーの33、インを5バーディー、ノーボギーの31と圧倒的な強さを披露。これまで枝川吏輝(熊本・広安西小6年)の持っていた2014年の4アンダー、68(高遊原CC)を大きく上回った。3アンダー、69の長﨑大星(宮崎・住吉南小6年)が2位。

 

 

女子は藤野が2バーディー、ノーボギーの70と安定したゴルフを展開。2010年に田中瑞希(熊本・桜木東小6年)がマークした2アンダー、70に並ぶ大会タイ記録となった。パープレー72の川部日向(大分・鴛野小6年)が2位。

 

 

今回は九州ゴルフ連盟(GUK)の新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドラインに沿って行われた。男子上位12人、女子同10人は9月20日、森永高滝CC(千葉)である全国小学生ゴルフ大会に九州代表として出場する。なお、女子は85ストロークで4人が並んだが、大会規定のマッチングスコアカード方式で須﨑日愛(福岡・平尾小6年)が代表権を得た。

 

 

 

 

 

競技報告の詳細はこちら

 

Contents