第2回九州スーパーシニアカップ

競技トピックス

第2回九州スーパーシニアカップ

81歳で76ストローク(4オーバー)

目野邦彦(小郡)

エージシュートを達成して初優勝

 

 

優勝に笑顔の目野邦彦aa

「第2回九州スーパーシニアカップ」が6月16日、福岡県小郡市の小郡カンツリー倶楽部(5695㍎、パー72)で行われ、小郡をホームコースとする81歳の目野邦彦が4オーバー、76で回り、エージュートを達成して初優勝した。
80歳以上(基準日は12月31日現在)のゴルファーを対象にした大会で、以前は九州グランドシニア選手権の「80歳以上の部」として18ホールストロークプレーで行われていたが、参加者の増加から昨年、単独の大会として独立して「スーパーシニアカップ」として開催。

 

過去最多の72人が参加
今大会には、過去最多を記録した昨年よりもさらに7人増えて、計72人が参加(欠場8人)。スタート後に降り出した雨は降りやまず、コンディションには恵まれなかったが、スーパーシニアたちは文字通りスーパーなプレーを披露した。
そんな中で目野は前半、2番から4連続ボギーとボギーが先行。その後1バーディーを奪い、39で折り返した。後半も11番でボギーが先行したが、その後は2バーディー、2ボギーとまとめ、2位の前々回優勝者、83歳の廣重俊一(福岡サンレイク)に2打差をつけて勝利を手にした。さらに1打差の7オーバー、79に3人が並んだが、年長者上位の大会規定により、3位に安藤喜三郎(大分中央、83歳)、4位吉永慎二(武雄嬉野、80歳)、5位平田晃宏(若松、80歳)の順位になった。前回優勝の中村保(長崎国際、81歳)は85のスコアで21位だった。

 

エージシュートも計13人が達成
毎回、スーパーシニアたちのエージシュートが話題になるが、今大会も過去最多の計13人が記録。大会を盛り上げた。達成者には開催コースの小郡CCから記念品が贈られた。

【晴れのエージシューター】
今大会での達成者は次の通り。
▽優勝=目野邦彦(小郡)81歳でスコア76S
▽2位=廣重俊一(福岡サンレイク)83歳、78S
▽3位=安藤喜三郎(大分中央)83歳、79S
▽4位=吉永慎二(武雄嬉野)80歳、79S
▽5位=平田晃宏(若松)80歳、79S
▽6位=杉山利夫(チェリー小倉南)84歳、80S
▽7位=池田正伸(小郡)83歳、81S
▽8位=天本惇(小郡)81歳、81S
▽9位=石塚重利(中九州)81歳、81S
▽10位=河野信正(久山)81歳、81S
▽17位=河室健士(大分)84歳、83S
▽23位=岡村精二(あつまるレーク)87歳、86S
▽34位=貝島義雄(古賀)89歳、89S

 

 

»競技報告の詳細はこちら

 

Contents