第45回九州インタークラブ競技大会

競技トピックス

第45回九州インタークラブ競技大会

 

「大博多CC」(福岡県南部)

 

     2年連続14度目の優勝

 

 逆転で2位「志摩シーサイドCC」下しての栄冠

 

 

 

 

ベストグロス賞は

 

69で牛島中(志摩シーサイド)が獲得

 

 第45回九州インタークラブ競技大会は10月14日、長崎県諫早市の長崎国際ゴルフ倶楽部(6795㍎、パー72)で25倶楽部チームが参加して開かれ、トータルスコア370の「大博多カントリー倶楽部」(福岡県南部)が2位の「志摩シーサイドカンツリー倶楽部」(同)に6打差をつけて2年連続、14度目の優勝を飾った。

 出場選手中のベストスコアに贈られるベストグロス賞は、3アンダーの69で回った牛島中(志摩シーサイド)が大倉清(大博多)ら4人に1打差をつけて獲得した。

 

 大会は連盟(GUK)主催競技の唯一の団体競技で、1チームは学生・生徒を除く6人(うち55歳以上3人)で構成され、このうちのベスト5人のトータルスコアで優勝を争う。11県地区で行われた予選にはGUKに加盟する計189倶楽部が参加。この中から、勝ち抜いた24倶楽部と開催倶楽部の計25倶楽部チームが本戦出場した。

 

2、3位は6人のスコア差

「チェリーゴルフ鹿児島シーサイド」は3打差に泣く

 

 この日の長崎・諫早は晴れで気温22.4度、南南東の風1m(正午現在)と絶好のコンディション。

 各倶楽部の実力と名誉をかけた戦いとあって、各チームとも応援団が繰り出し、盛り上がった。

 そんな中、「大博多」は「志摩シーサイド」に3打差をつけられて後半に折り返したが、久しぶりの出場となったエースの大倉清をはじめ、カウントされる5人のメンバーが実力を発揮し、逆転勝ちした。

 福岡南部予選で「大博多」に9打差をつけての予選通過だった「志摩シーサイド」は、ベストグロス69の牛島中、ベテラン山浦正継が健闘したものの、他が実力を発揮できなかった。これに376の同スコアで「チェリーゴルフ鹿児島シーサイドコース」(鹿児島県南部)が並んだが、規定により6人全員のスコアで3打上回る「志摩シーサイド」が2位に滑り込んだ。

 

»競技報告の詳細はこちら

 

 

Contents