平成26年度(第44回)九州女子選手権競技

競技トピックス

平成26年度(第44回)九州女子選手権競技

 

15歳、熊本国府高1

 

田中瑞希(グランドチャンピオン)が初優勝

 

 

 

 

熊本県玉名市の玉名カントリークラブ(6399㍎、パー72)で行われ、通算3アンダー、141で熊本国府高1年、15歳の田中瑞希(グランドチャンピオン)が初優勝した。田中は中学(熊本・桜木中)2年で制した九州ジュニア選手権1214歳の部以来、連盟競技2勝目。

 田中は初日、終日降り続いた雨の中でのラウンドで5バーディー、3ボギーの70で回り単独トップに。しかし、1打差の2位に先の女子プロツアー、KKT杯バンテリン・レディースでアマチュアながらツアー最年少優勝を飾った鹿児島高1年、勝みなみ(鹿児島高牧)、さらに1打差の3位に福岡・沖学園高3年、井上沙紀(筑紫ヶ丘)ら実力者が控え、予断を許さない展開となった。

 

田中、勝に5打差の完勝

 2日目の決勝ラウンドは12オーバー、8471位タイまでの85人が進出。前日の雨も上がり好条件での戦いとなった。

 勝負は最終組の3人が中心となった。ところが、逆転を期した勝が1番OBでダブルボギー、2番ボギーとする波乱のスタート。田中もボギースタートだったものの4番バーディーですかさず取り返した。勝はその後5番から3連続バーディーを奪い、調子を取り戻したかに見えたが、後半は1バーディ、2ボギー、1ダブルボギーと冴えず、4バーディー、3ボギーとスコアを一つ伸ばしてこの日のベストスコア、唯一のアンダーパー71で回った田中が結局、2位の勝に5打差をつけて逃げ切った。

 3位には通算6オーバー、150で井上と沖学園高2年、三ヶ島かな()、前年14歳で優勝した興南高1年、新垣比菜(カヌチャ)の3人が入った。勝とともにJGA(日本ゴルフ協会)のナショナルチームメンバー、沖学園高3年、篠原真里亜(湯布院)は通算8オーバーの8位タイだった。

 この試合の結果、日本女子アマチュア選手権(6月24日から、茨城県大洗GC)には23位タイまでの24人と、25位タイの4人の中から成績上位者の3人、計27人(ナショナルチームメンバーの勝みなみ、篠原真里亜を含む)が出場権を得た。

 

TV8社、新聞・通信10社雑誌2社 異例の大取材団

 

 競技には9歳の小学4年生から67歳までの182人がエントリー(うち欠場5人)。しかし、主力は中学、高校のジュニア勢だった。なによりも、プロの試合を制したばかりの勝みなみが出場するとあってマスコミの注目度は高く、東京、大阪のテレビ、スポーツ紙などからも取材申請され、最終的にテレビ8社、新聞・通信社10社、雑誌2社のざっと100人の取材が殺到した。

 九州ゴルフ連盟(GUK)では、事前に取材申請を受け付けた段階で異例の「取材にあたってのお願い」を各社に要請する一方、予選・決勝を通じて勝の組に職員を配置してトラブル防止に努めたが、混乱なく終了した。

 

Contents