第41回九州ジュニアゴルフ選手権競技

JGAジュニア会員

第41回九州ジュニアゴルフ選手権競技

 

 

晴れの優勝者

【15~17歳の部】

男子 7アンダー、137 丸尾 怜央(宮崎・日章学園高1年)

女子 4アンダー、140 荒木 優奈(宮崎・日章学園高2年)

【12~14歳の部】

男子 1オーバー、145 岡村 昂汰(宮崎・日章学園中2年)

女子 2オーバー、146 丸尾 海七(宮崎・赤江中2年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        【左から丸尾怜、荒木、岡村、丸尾海の各優勝者】

 

 

宮崎県の中・高選手が全制覇。丸尾は兄妹で優勝

15~17歳の部女子と12~14歳の部男女がプレーオフ決着

「第41回九州ジュニア選手権」は7月28、29日の2日間、熊本県阿蘇市のあつまる阿蘇赤水ゴルフ倶楽部(男子=7040ヤード、女子=6493ヤード、いずれもパー72)で行われた。15~17歳の部男子は通算7アンダー137の丸尾怜央(宮崎・日章学園高1年)が昨夏の12~14歳の部に続いて制した。通算4アンダー140でプレーオフにもつれ込んだ同女子は荒木優奈(日章学園高2年)が競り勝ち、初優勝した。12~14歳の部男子は、通算1オーバー145でプレーオフとなり、岡村昂汰(日章学園中2年)が、同女子の部も通算2オーバー146で男子同様にプレーオフに入り、丸尾海七(しいな、宮崎・赤江中2年)がそれぞれ初の栄冠を手にした。宮崎県の中・高選手が全部門を制覇するとともに、丸尾は兄妹で九州の頂点に立った。

今回の出場者は15~17歳の部男子が41人(欠場2人)、同女子40人、12~14歳の部男子が33人(欠場2人)、同女子33人(欠場1人)。

 

 

 

丸尾が初日に65の好スコアをマークして、そのまま逃げ切る

<15~17歳の部男子>

初日は丸尾が9バーディー、2ボギーの7アンダー65で回り、2位に4打差をつけて単独トップに立った。69の2位には有薗純(鹿児島・開陽高2年)が続き、さらに1打差、70の3位タイに林田直也(福岡・沖学園高3年)と吉田京介(東京・代々木高3年)が続いた。最終日は丸尾が3バーディー、3ボギーの72とスコアをまとめ、通算7アンダー137で逃げ切った。最終日にベストスコア67をマークした上山虎雅(日章学園高2年)が通算5アンダー139で2位に粘り、通算3アンダー141の3位に有薗が残った。

 

 

 初日は藤本と荒木が譲らず、ともに5アンダー67で首位タイ

<15~17歳の部女子>

初日は藤本愛菜(沖学園高1年)と荒木がともに5アンダー67でトップを分けた。1打差、68の3位タイに三明桜子(沖学園高2年)と菅楓華(日章学園高2年)、さらに3打差、71の5位に外園華蓮(日章学園高3年)がつけた。最終日は通算4アンダー140で荒木と三明がプレーオフを演じ、荒木が1ホール目でバーディーを奪取して三明を振り切った。通算3アンダー141の山下心暖(鹿児島城西高2年)が3位。

 

 

プレーオフは岡村が2ホール目にバーディーを奪って決着

<12~14歳の部男子>

初日は大町晋太郎(福岡・舞鶴中1年)が1アンダー71で頭一つ抜け出した。1打差、パープレー72の2位タイに岡村、外岩戸晟士(鹿児島・志布志中3年)、塚原大雅(沖縄・久志中3年)の3人、さらに1打差の5位に東恩納昊貴(沖縄・普天間中2年)がつけた。最終日は岡村と外岩戸がともに73で回り、通算1オーバー145でプレーオフに突入し、岡村が2ホール目でバーディーを奪って決着をつけた。3位には通算2オーバー146の東恩納が入った。

 

 

初日首位の宮城は最終日に79と乱れて3位タイに

<12~14歳の部女子>

宮城柚(沖縄カトリック中3年)が1イーグル、2バーディー、2ボギー、ただ一人アンダーパーとなる70で初日をリードした。2打差の2位に中間理桜(福岡・西南学院中3年)、3位タイには73で丸尾、藤野蒼來(鹿児島・郡山中1年)、黒木宝(宮崎・大王谷学園中3年)の3人。最終日は通算2オーバー146で丸尾と中間のプレーオフとなり、2ホール目で中間のボギーに対し丸尾がパーを決めた。通算5オーバー149の3位タイに宮城、藤野、仲村梓(沖縄東中3年)の3人が食い込んだ。

 

 

日本ジュニアには男女合わせて57選手が出場

この結果、8月17日から19日まで開かれる「第27回日本ジュニア選手権」には15~17歳の部男子上位15人(シード1人含む)、同女子20人(シード1人含む)、12~14歳の部男子10人、同女子12人(シード1人含む)が九州代表として出場する。開催コースは15~17歳の部男女が霞ヶ関CC、12~14歳の部男女が東京GC(いずれも埼玉県)。なお、15~17歳の部男女と12~14歳の部女子は出場割当数にタイが生じたが、大会規定のマッチングスコアカード方式で出場者を決定した。今回は九州ゴルフ連盟(GUK)の新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドラインに沿って行われた。

 

 

 

 

 

競技の詳細はこちら