GUK第51期通常総会開催

競技トピックス

GUK第51期通常総会開催

予・決算 令和3年度事業計画などを承認

新型コロナ感染拡大防止のため代表理事ら少人数で開催

 

九州ゴルフ連盟(GUK)の令和2年度(第51期)通常総会は2月18日、福岡市博多区の同会議室で開かれ、第1号議案「令和2年度事業報告・収支決算」、第2号議案「令和3年度事業計画・収支予算案」、第3号議案「連盟規約・細則の改正」、第4号議案「任期満了に伴う役員改選」が全会一致で承認、可決されました。今回は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、例年とは異なり各倶楽部の出席を見合わせ、代表理事ら中心の少人数で行われました。

 

総会は加盟192倶楽部(正会員)のうち出席9倶楽部、委任状提出150倶楽部の計159倶楽部で有効に成立。会議は冒頭、水田芳夫理事長(小郡)があいさつに立ち、要旨次のように述べました。

「昨年はJGAアマチュア競技も全試合中止になり、各地区予選も大半が競技の中止を発表した中、九州地区は5競技を中止にした以外の競技は日程変更、競技参加者数を変更しながら、予定通り開催することができました。九州ゴルフ連盟ではゴルフ振興を立ち上げ、国民的な生涯スポーツとして更なる普及拡大を図り、新規ゴルファーを増やすためのゴルフ活性化委員会を立ち上げ、支配人部会を中心に活動していただくことになりました。これには加盟倶楽部皆さま方のお力添えがないことには実現できません」

 

 

3項目で字句の追加

第3号議案では連盟規約第1章総則「目的」第3条「(前略)地区におけるゴルフ技術の向上」の後に「及びゴルフ振興」を追加、さらに「事業」第4条に「6 ゴルフ振興、ゴルフ活性化に関する事項」、「常務理事の職務」第19条に「7 ゴルフ活性化に対する事項」をそれぞれ追加しました。

 

 

新任役員は7人

第4号議案では2年ごとに行われる役員改選は各県地区推薦の理事・監事・学識経験理事(3人)を原案通り選任。役員改選で決まった新任役員は次の通りです。敬称略。

【理事】

高倉 力矢 (芥屋ゴルフ倶楽部)

中部 省三 (長崎国際ゴルフ倶楽部)

中島 崇  (美々津カントリークラブ)

与世田 兼稔(ジ・アッタテラスゴルフリゾート)

【監事】

中尾 和毅 (福岡カンツリー倶楽部)

川井 洋一 (有明カントリークラブ)

【常任理事事務局長】

重永 敏哉 (九州ゴルフ連盟事務局)

 

 

Contents