【競技報告】平成24年度(第31回)九州学生選手権競技 (第11回)九州女子学生選手権競技

競技トピックス

【競技報告】平成24年度(第31回)九州学生選手権競技
(第11回)九州女子学生選手権競技

男子・山下大介(長崎国際大)が逆転で初優勝
女子・東 葵(熊本県立大)が2連覇達成

 

 

 最終日は7日、長崎県大村市の大村湾カントリー倶楽部ニューコース((男子6827㍎、女子5943㍎=パー72))で行われ、男子は地元、長崎国際大4年の山下大介が通算イーブンパー、144で初優勝。女子は東葵(熊本県立大3年)が通算8オーバー、152で2年連続優勝した。

 山下は長崎県勢初の優勝で、東の連覇は2005、2006年に達成した青山加織(当時九州東海大、現プロ)以来2人目の連続優勝。山下、東は九州学生選手権優勝で第66回日本学生選手権(男子8月21~24日、女子22~24日・埼玉県狭山GC)への出場権を手にした。

 

 

≫競技報告の詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Contents