第52回九州女子選手権競技

競技トピックス

第52回九州女子選手権競技

 

晴れの優勝者

6アンダー、210

沖学園高1年の藤本愛菜(ミッションバレー)が初優勝

 

「第52回九州女子選手権競技」は5月10日から3日間、福岡県宗像市の玄海ゴルフクラブ(6457ヤード、パー72)で行われ、福岡・沖学園高1年の藤本愛菜(ミッションバレー)が通算6アンダー、210で初の栄冠を手にした。62人が出場した最終日、藤本はショット、パットとも安定し、4バーディー、1ボギーの唯一人60台となる69をマーク。初日から首位を守り、3日間ともアンダーパーで完全優勝を果たした。2位には首位から3打差の通算3アンダー、213の宮崎・日章学園高2年の荒木優奈(グリーンランドリゾート)が続き、3位には通算4オーバー、220の日大1年・松永七海(花祭)が入った。

 

 

 

初日は藤本が単独首位に

初日と第2日の予選ラウンドは午前と午後の部に分かれてスタート。132選手(欠場7人)が出場した初日は、藤本が6バーディー、4ボギーの70でトップに立ち、さらに1打差の2位タイに朝日大1年の中道ゆい(チェリー宇土)と宮崎・日章学園高2年の丸尾羚水(青島)がつけた。さらに、1打差のパープレー、72には8人と初日から混戦模様となった。

 

 

第2日は荒木と藤本が首位並走

第2日は初日トップの藤本と同4位タイの荒木優が通算3アンダー、141で首位に並んだ。荒木は6バーディー、3ボギーで、この日のベストスコア69をマークした。3位には通算イーブンパー、144で宮崎・日章学園高1年の谷口愛莉(宮崎国際)。なお、通算14オーバー、158までの62人が決勝ラウンドに進んだ。

 

 

18選手が6月の日本女子アマに出場

通算10オーバー、226の15位タイに6人が並んだが、大会規定のマッチングスコアカード方式で今村美優(祁答院)と園田結莉亜(久住高原)が代表権を獲得し、シード選手1人(左奈々=セブンミリオン)と上位17選手の計18人が6月14日から4日間、岐阜関CC東コース(岐阜)で開かれる日本女子アマチュア選手権競技に九州代表として出場する。また、今大会は九州ゴルフ連盟(GUK)の新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドラインに沿って行われた。

 

 

 

 

 

競技報告の詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Contents